Top Message代表メッセージ

愛情のあるM&Aで、
日本の未来を明るく照らしたい。

代表取締役田中 哲

M&A・事業承継の無料相談

03-4334-8301

タップで発信します

少子高齢化が進み、現存する企業の約3分の1にあたる127万社に後継者がいないと言われている日本。そのうち年間で約4万社が経営者自らの手で会社を精算し、廃業するという道を選んでいます。驚くことにその多くが負債も少なく、健全な経営をしてきた企業です。一方でM&Aを行い、経営譲渡を果たした企業は4000社と、廃業のわずか10分の1。

なぜ、経営者たちはM&Aを選ばないのでしょう。

それは「M&Aの真実の姿を知らないから」の一言に尽きます。M&Aというと未だに“乗っ取り、身売り”というネガティブなイメージを持ち、譲渡したあとは壮絶なリストラが行われ、従業員が露頭に迷う……。そんな想像をする人が少なくありません。また経営者自身がM&Aを決断するも、そのようなイメージを持つ家族や親族、従業員などから強い反発があり、諦めざるを得ないという現実もあります。

それでは「真実の姿」とはどのようなものでしょう。

私たちが取り扱う"友好的”M&Aは、基本的にそこで働く従業員の処遇は一定期間保証されています。また屋号もそのまま、取引先もそのままで事業を継続して行います。さらに、ご自身が希望されれば引き続き業務に携わることもできるというものです。

一方、廃業は会社そのものが消滅すること。雇用がなくなるのはもちろん、取引先、地域に及ぼす影響も少なくありません。さらに大きな目で見れば、日本社会全体にとっても大きな損失です。果たしてそれが経営者としての最後の決断であってよいのでしょうか。

私は、日本の財産である企業の廃業を防ぎ、経営者が最良の判断としてM&Aを選択できるためのお手伝いをしたく、ペアキャピタルを設立しました。

M&Aが最良の選択になるためには、適切な条件で最適な相手とマッチングができてこそ。私たちは大手金融機関やM&A仲介企業で培ってきた経験とノウハウをもとに、細やかに愛情を持って、1つ1つの企業と向き合うことを信条としています。

社名の「ペア」は2つが1組になる「Pair」と、“愛”の花言葉を持つ「Pear」を語源としています。愛情をもって育ててきた我が子のような企業と、その想いを受け継ぐベストな企業とがペアとなり、更なる実りをもたらす。そんな未来を共に創っていけることを願っています。

代表取締役

田中 哲